1222271Access (H21.11.30~)

オンライン状況

オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人
校舎外観
〒350-1137
埼玉県川越市大字砂新田2564
TEL 049-244-2171
FAX 049-240-1052
info@kawagoehatsukari-h.spec.ed.jp
 

川越初雁高校緊急情報サイトについて

川越初雁高校 緊急情報サイトについて

 交通機関に影響が出るような大雪や台風のとき、「川越初雁高校のウェブサイト」に大量のアクセスが集中し、そのために臨時的な日程変更の情報などが表示できなくなる場合があります。

このようなときは、以下の「緊急情報サイト」にも情報を掲載しますので、そちらにアクセスをお願いします。以下のURLについて、あらかじめ「お気に入り」などの登録をしておいてください

川越初雁高校緊急情報サイトのURL:  https://sites.google.com/a/kawagoehatsukari-h.spec.ed.jp/info/
(アクセス集中時は、「本校ウェブサイト」から「県立学校緊急サイト一覧」へ、5秒後に自動接続するようにはなっておりますが、集中を避けるために直接上記の「川越初雁高校緊急情報サイト」へアクセスしていただけるよう、御協力をお願いします)

なお本校では、「学校配信メール」を行っており、緊急時にも詳しい情報を配信しております。未登録の保護者の方や生徒は、登録をしていただけるようにお願いします。登録方法については、生徒を通じてHR担任までお問い合わせください。

 

リンク ・ その他


  川越特別支援学校川越たかしな分校
(本校敷地内に併設。体育祭・文化祭・初雁10マイルなど
行事や一部の活動を本校と合同で行っています)

 
 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

埼玉県教育委員会指定研究開発校

未来を拓く「学び」プロジェクト
123
2018/07/12

平成30年度6月 公開授業

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
平成30年6月25日月曜日、「未来を拓く学びプロジェクト」研究公開授業が行われました。

今回の公開授業は、
公民科  佐藤教諭 「現代社会」対象3年
地理歴史科  河津教諭 「世界史B」対象2年
地理歴史科  矢野教諭 「日本史B」 対象3年
数学科 小針教諭 「数学Ⅱ」 対象2年
外国語科 山口教諭 「コミュニケーション英語Ⅰ」 対象1年
の5クラスでした。

ジグソー法を用いた協調学習が行われ、
各授業では、グループでの話し合いが活発に行われていました。
それぞれの生徒は、話し合いやグループ発表を通して、
各単元の「学び」を深めることができたようです。
 

 

 
12:56 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/11/02

11月1日公開授業

Tweet ThisSend to Facebook | by kyoumu
11月1日水曜日、未来を拓く「学び」プロジェクトの公開授業が行われました。

世界史B、数学Ⅰ、数学Ⅱ、スポーツⅡ、家庭総合 について、
協調学習のひとつであるジグソー法の授業が公開されました。

それぞれの授業において、活発な話し会いや意見交換が行われ、
一つのテーマについて、生徒は、より深く学ぶことができたようです。

 

 



13:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/10/10

11月1日未来を拓く「学び」プロジェクト公開授業

Tweet ThisSend to Facebook | by kyoumu
来る11月1日(水)午後1時30分から午後4時40分まで、本校において、平成29年度未来を拓く「学び」プロジェクトの後期公開研究授業および研究協議を実施します。
 今回の授業者は、小針(数学)、飯塚(家庭)、相馬(保健体育)、山田(数学)、河津(地理歴史)の5名です。
 校種、教科を問わず、より多くの関係者の皆様の御参加をよろしくお願い申し上げます。

 受付 13:10
 公開授業  5限 13301420   6限 143015
20
 研究協議会 154016:30

 授業者 小針雅弘(1年数学-数学Ⅰ:5限・6限)
      飯塚正美(2年家庭-家庭総合:5限・6限)
      相馬貴彦(3年体育-スポーツⅡ:5限)
      山田崇史(2年数学-数学Ⅱ:5限)
      河津謙太郎(2年地理歴史
-世界史B:6限)

  
申込み用紙は以下のwordファイル(またはPDFファイル)をダウンロードし、
印刷した上で、必要事項を記入し、
川越初雁高校までファックス(049-240-1052)してください。
H29.11.1未来を拓く「学び」プロジェクト川越初雁高校参加申込票.pdf
H29.11.1未来を拓く「学び」プロジェクト川越初雁高校参加申込票.docx
申込みは、整理の都合上 10月27日(金)までにお願いします。

今回の公開授業に関する文書はこちらのpdfファイルにて確認できます。
【川越初高187】未来を拓く「学び」公開研究授業.pdf

変更のお知らせや、詳細については、こちらのページに掲載する可能性があります

16:59 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/06/08

6月20日(火曜日)の公開授業について(曜日の訂正あり)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

来る6月20日(火)午後1時30分から午後4時45分まで、本校において、平成29年度未来を拓く「学び」プロジェクトの6月期公開研究授業および研究協議を実施します。
 今回の授業者は、河津(地理歴史)、佐藤(公民)、の2人です。
 校種、教科を問わず、より多くの関係者の皆様の御参加をよろしくお願い申し上げます。

 受付 13001320
 公開授業 5.6限 13301420  143015
20
 研究協議会 154516
45
 授業者 河津 謙太郎(2年地理歴史-世界史:6限)

       佐藤 美友貴(3年公民-現代社会:5限)
  
申込み用紙は以下のwordファイル(またはPDFファイル)をダウンロードし、
印刷した上で、必要事項を記入し、
川越初雁高校までファックス(049-240-1052)してください。
申込みは、整理の都合上 6月15日(水)までにお願いします。

公開授業Fax申込み用紙.docx
公開授業Fax申込み用紙.pdf


変更のお知らせや、詳細については、こちらのページに掲載する可能性があります。



07:38 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2016/11/29

平成28年度第2回公開授業を行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
平成28年11月22日、「未来を拓く学びプロジェクト」研究授業が行われました。
世界史B・体育・(選択)フードデザイン・(選択)数学Ⅲ の公開授業に、30人を超える方々が来校しました。世界史Bでは、生徒用として46台整備されたクロムブックも活用されました。
授業後には参観者と授業者との研究協議会が開かれ、質疑応答や活発な意見交換などが行われました。
授業の様子は、「初雁だより」のページでも紹介されています。
16:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/11/11

第2回 公開授業について

Tweet ThisSend to Facebook | by keiichi2
来る11月22日火曜日、午後1時30分から午後4時45分まで、本校において、平成28年度未来を拓く「学び」プロジェクトの11月期公開授業を行います。
 今回の授業者は、飯塚(家庭科) 河津(地理歴史科) 相馬(保健体育科) 中村(数学科)です。
校種を問わず、より多くの関係者の皆様の御参加をよろしくお願い申し上げます。


 受付 13:00~13:20
 公開授業 5.6限 13:30~14:20  14:30~15:20
 研究協議会 15:30~16:45
 授業者  飯塚(5.6限 3年 フードデザイン)
      河津(5限 2年 世界史B)
      相馬(6限 2年 男子体育)
      中村(5.6限 3年 数学Ⅲ)
申込み用紙は以下のwordファイルをダウンロードし、
印刷した上で、必要事項を記入し、
川越初雁高校までファックス(049-240-1052)してください。
申込みは、整理の都合上、お早目にお願いします。

公開研究授業FAX申込用紙 (11月).doc

変更のお知らせや、詳細については、こちらのページに掲載する可能性があります。

22:59 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/06/02

第1回公開研究授業について

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
来る6月20日(月)午後1時30分から午後4時45分まで、本校において、平成28年度未来を拓く「学び」プロジェクトの6月期公開研究授業および研究協議を実施します。
 今回の授業者は、山田(数学)、中村(数学)、渡邊(地歴)の3人です。
 校種を問わず、より多くの関係者の皆様の御参加をよろしくお願い申し上げます。

 受付 13:00~13:20
 公開授業 5.6限 13:30~14:20  14:30~15:20
 研究協議会 15:30~16:45
 授業者 山田真司(1年:数学Ⅰ:6限)
      中村憲昭(3年:数学Ⅲ:56限)
      渡邊大地(3年:日本史:6限)
 
申込み用紙は以下のwordファイルをダウンロードし、
印刷した上で、必要事項を記入し、
川越初雁高校までファックス(049-240-1052)してください。
申込みは、整理の都合上 6月15日(水)までにお願いします。

公開研究授業FAX申込用紙.doc

変更のお知らせや、詳細については、こちらのページに掲載する可能性があります。
19:17 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2016/01/16

平成27年度シンポジウム~学び合いで未来を変える~

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 1月16日(土)、戸田市文化会館において、未来を拓く「学び」プロジェクトの本年度のシンポジウムが開催されました。
 午前10時20分から、関根教育長の開催挨拶、10時30分から国立教育政策研究所白水総括研究官と高校教育指導課武内課長との対談「次期学習指導要領に埼玉県の取組が担う役割とは」が11時まで行われました。続いて、昼食休憩をはさみながら、担当教員等による教科部会等別ラウンドテーブルⅠ・Ⅱ・Ⅲが行われました。本校からは、情報科の岡本教諭、数学科の中村憲教諭、地歴公民科の渡邊教諭の3名が発表しました。どのラウンドテーブルでも活発な意見交換が行われ、授業改善のためのヒントをたくさんいただきました。ありがとうございました。
 本校の研究開発校としての指定は、今年度から平成31年度までの5年間です。今年度は、本校の研究公開授業以外にも、川越市教育委員会への指導案提供、教育関係シンポジウム・他県等での事例発表3件、個別学校訪問受入1件がありました。これからも『埼玉モデル』を全国に発信し、様々な関係者とのネットワークを築きながら、生徒のための授業改善に取り組んでまいります。ありがとうございました。

【左側:「情報部会」の岡本教諭  右側:「地歴公民部会」の渡邊教諭】
 

【「数学部会」の中村憲教諭のポスター】
H28.1.16未来学びポスター【中村】.pdf
17:54 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2015/11/24

第2回公開研究授業

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 11月24日(火)、第5・6限に「未来を拓く『学び』プロジェクト」の第2回公開研究授業を実施しました。
 第5限には、相馬教諭が1年体育(サッカー)をグランドで、第5・6限の通しで、中村教諭が2年数学Ⅱ(三角関数)に取り組みました。相馬教諭は、「自チームに適したシステムを見つけよう!」という課題に、ジグソー法で3つのシステムを踏まえたチームでの作戦会議、それを実行する練習試合、前半終了時の作戦タイム、後半での修正、クロストーク活動としての対戦チームとのシステムについての話し合いに取り組みました。中村教諭は、「三角関数のグラフを描く」ことを目標に、1時間ずつのジグソー活動を2回行いました。「生徒が主役」・「教える楽しみを教える」をテーマに生徒同士の学び合い深めていました。
 第6限には、岡本教諭が3年情報の課題研究で、「アルゴリズム」に取り組みました。岡本教諭は、異なる重さの重りの並べ替えを通して、「効率的なアルゴリズムを考えよう!」という課題に新たに導入した「クロームブック」の特性を生かしながら取り組ませました。小野教諭は、1年英語表現Ⅰで、「There構文」について、ALTに川越市の観光案内をするという設定で英文を作り、自分の考えを英語で述べる活動に取り組みました。竹内教諭は、2年保健で「働くことの健康」について、「現代の労働による健康問題を解決するために、政治家にアドバイスしよう!」という課題に取り組みました。「日本の働き方の変化」・「健康問題の変化」・「労働環境の国際比較」という3つのグループでエキスパート活動に取り組み、クロストーク活動でアドバイスを検討しました。
 続く、各教科ごとの研究協議分科会では、活発な質疑応答がなされました。そして、まとめの研究協議全体会では、遠藤教頭の司会の下、会場校校長挨拶 H27.11.24第2回未来学び校長挨拶.pdf 県教委挨拶、分科会報告、最後に東京大学CoREFからの御講評をいただきました。「4年目を迎え、川越初雁高校へ伺うたびによくなっている。生徒たちは元々持っているものを使いながら、話し合い、まとめることでわかっていく。これを繰り返す中で、視点を深め、総体を把握し、様々な力を一体として『生きる力』になっている。」「ジグソー法という『型』は、先生方が学び合い、共同し、挑戦するための『リサーチ・ツール』である。他教科の先生方と共有している生徒について、話し合い、教科を超えて横でつながり、試行錯誤を回し続けることが大事である。」
 これからも研究を発展・継続させてまいります。ありがとうございました。

 【左側:サッカーの作戦会議            右側:数学Ⅱのエキスパート活動】
 

 【左側:保健のエキスパート活動         右側:英語表現Ⅰのジグソー活動】
 

 【左側:情報(課題研究)のジグソー活動    右側:英語・保健体育の研究協議分科会】
 

 【研究協議全体会】
 
19:25 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2015/10/07

初任者研修協調学習研究授業ーその2

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 10月6日(火)第3限、1年5組で、理科の青木教諭が協調学習の研究授業を実施しました。科目は「科学と人間生活」で、単元は「生命の科学」です。5時間配当の3時間目、「環境の違いを超えて、生きるために必要なものを考える」ことから「生物として生きるとはどういうことか理解する」ことをねらいに協調学習に取り組みました。
 最終的には、「生きていくの最低限必要なものは何か」という課題に向き合うために、3つの環境でのエキスパート活動を行いました。Aは、「日常生活で必要なもの」、Bは、「無人島での生活に必要なもの」、Cは、「宇宙空間で必要なもの」という課題で、話し合いました。このエキスパート活動のグループを6、7人で設定したため、一人一人の発言の時間が少なくなってしまったのは1つ目の反省点です。
 さらに、1年生であるため、ジグソー活動のグループへの移動に手間取ってしまったのも2つ目の反省点です。プリント内にグループを明示するなどの手助けが必要でした。
 しかし、限られた時間でしたが、ジグソー活動では、より積極的な話し合いが行われ、想像力も深まり、限定要因を確認することで、的確な選択に収束することができました。また、各グループの「生きるのに必要なもの」の答えに「友達」が共通していたのはこの半年間での生徒間での人間関係の深まりを感じさせるものでした。
 今回も9人の教員が参観し、「Aの日常を災害時のような非日常にすると条件がそろうのではないか」、「実験や作業など、その場で経験するものをエキスパート活動とし、結果を持ち寄ることで話し合いを活性化できるのではないか」などの指導助言がありました。引き続き、「未来を拓く『学び』プロジェクトチーム」を中心に、「教職員総がかり」で、学力向上をめざし、授業改善に取り組んで参ります。

 【左側:各人の考えを熱心に伝えます      右側:グループにアドバイスする青木教諭】
 

 【左側:笑顔の絶えないジグソー活動       右側:9人の参観者がありました】
 
15:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
123